http://www.nicovideo.jp/watch/sm23679058
aimer最高ですよ!

よく「lolをうまくなるためにはどうすればいいですか?」質問を受けて書こうと思った。
どうしたら上手くなるかって?結局は個々のプレイヤースキルや考えた方でそれは多々の可能性があるが、僕が思う上手くなるやり方を書いていこうかと思う。

 繋げて考えてるとは、どういうことか?
それはメリットを考えて行動するということとよく似ている。メリットのある行動を起こすにはどうするか? 
逆算して考えてみよう。ではメリットとは何か?
lolの世界でいうメリットとは僕自身、お金をより効率貯めることであると考える。この世界は金が勝利を決める鍵となる。そして最終的にネクサスを壊すこと。ここまでがlolなのだ。

ではお金を貯めるにはどうするか?
それは沢山の手段がある。キルを取る CSを取る タワーを取る ドラゴン+バロンを取る。こうして出来た差、つまりお金の差がlolの世界ではもっとも重要となる。これがメリットを得る行動をするということ。

これをどうつなげていくかは、あなた次第。
レーンでキルを取る→タワーにミニオンを押し付けて帰るまたは、タワーを折る
romeをする→キルをとる→ドラゴンなど
繋げていくこと、メリットのある行動が起きた場合、そのメリットを何倍にも高めていくことが重要なのである。
だがその場合は「一瞬」は本当に一瞬しかない。

例えばトップに相手のジャングラーがいる。そこでボットでキルが生まれる。
そこでなぜドラゴンをやらないのか?
キルを取った+相手jungleがトップにいる→ドラゴンやタワー
ただただ「ああ、キルをとったよかったよかった。リコールして装備を整えよう」 だけでは意味がない。もしドラゴンが取れれば次のドラゴン戦も有利に立てるだろう。
ようはこのような一連の流れができる訳である。
キル→ドラゴン→次のドラゴン有利→そこで更に勝利できたら→タワー→お金差ができる。
これをキルだけでこの流れを止めてしまっては意味がない。
キルだけでこの流れを切ってしまうのがブロンズやシルバーやゴールド帯。
だがこの中で違う発想をするもの。つまり、これを理解している者がいればその1人だけでチームの差ができる。
ピング1つで試合を左右することも可能ということだ。

もっとハイレベルな世界になると。
CS→ドラゴン→ドラゴン管理→GG の世界すらある。実際にこのような試合になったことも多々あるし、0-0の試合でもお金差が相手が5k有利なんてざらにある。それがlolの世界。大会なんてこれが顕著に現れる。
序盤それも7分などで発生するドラゴンバトル。これを制した時点で試合の展開は予測できる。それが世界大会レベル。
チーム自体の錬度が違うそれはプロだからといってしまえば当たり前のことだが、極めるということは綺麗な流れで「すげー・・・」と思わせることができる。それだけで魅力的で価値があると考える。

「繋げて考える」lこれだけで違うステージに立てるのは間違いない。
終わり。